避妊薬ピルも通販で買えます

女性の画像

ピルを飲んで避妊したい!と思ったら、病院で処方してもらう方法と通販で買う方法があります。

病院を受診すれば、専門医に相談しながら服薬できるというのが利点の1つ。しかし、男性の医者と避妊方法について話すのは抵抗がある…という女性がいるようです。

また家族と同居している場合、「どうして婦人科に行くの?」と聞かれるかもしれません。性事情にオープンな家庭なら良いのですが、親や兄弟には知られたくないという人が多いのではないでしょうか。

こっそり避妊薬を入手するには、通販の利用がオススメです!ここでは、通販で買える低用量ピルとアフターピルについて紹介していきます。

毎日飲む低用量ピルで備える

低用量ピルは、99%妊娠を防げる経口薬です。服用すると、排卵を抑えて妊娠しにくい状態へと導きます。

日本でよく利用されているのはコンドームですが、避妊率は85%ほど。低用量ピルに比べて、妊娠の確率が上がってしまうのが難点です。低用量ピルなら、毎日の飲み続けることで避妊効果をほぼ確実に維持できるのです。

主成分には、女性ホルモンが含まれています。人工的に少量のホルモンを投与すれば、「妊娠している」と脳を錯覚させられるのです。妊娠中だと錯覚した脳が、排卵をストップさせるので避妊に繋が
るというわけなんです。

中用量ピルとの違い

ピルには、女性ホルモンが含まれています。低用量ピルは、中用量よりも含まれているホルモンの量が少ないため身体への負担が少ないという特徴があります。副作用のリスクを軽減できるので、安全性を考えるなら低用量ピルが最適です。

低用量ピルの服用方法

生理初日から服用を始めます。ピルを1日1錠21日間飲み続けた後、7日間の休薬期間をもうけましょう。休薬している間に生理がくる仕組みになっています。

飲み方の流れは、以下を見て確認してください。
①生理が来る→服用を始める
②21日間、毎日飲む(1日1錠)
③7日間、ピルをお休みする
④服用を再開

ピルが入っているシートには、番号がふられています。順番に飲んでいけば大丈夫です。1シート目が終わったら、2シート目の服用を始められます。

避妊に失敗したかも…最後の手段にアフターピル

「ゴムが破けていた」「体内に射精された…」、妊娠の可能性が高まったらアフターピルで対処できます。

アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれ、セックス後72時間以内の服用が必須です。
できるだけ早めに飲んだ方が効きやすく、性行為から12時間以内に飲めば99%妊娠を防げます。

「避妊できなかったかも…」と思ったら、アフターピル1回1錠すぐに飲みましょう。いつでも飲めるように、常備薬として持っておくと安心です。