個人輸入は危険?安全に買う方法

薬の画像

海外通販サイトを利用すれば、手軽に薬が買えて助かりますよね。

しかし、海外通販で薬を買うのは個人輸入にあたると知っていましたか?

個人輸入にはリスクが伴うので、しっかりと理解しておく必要があります。ここでは、個人輸入の概要と危険性、対策について解説しています。

個人輸入とは

個人輸入とは、個人の利用を目的として海外から商品を輸入する行為です。

個人輸入の形態は2つあります。
・個人が直接外国の企業から商品を取り寄せる
・個人輸入代行業者を通じて輸入する
海外通販の場合は、2つ目が該当します。

偽造薬のリスク

海外通販では、偽造薬が出回っているようです。利益を目的とした業者が偽物の薬を販売しているので、誤って買ってしまうリスクがあります。偽造薬は本物そっくりに作られているので、見分けがつきにくいという声も上がっているのです。

また、偽造薬は製造環境や成分の内容が分かりません。利益を得るために作られているので、不衛生な場所で作られていたり不純物が含まれていたりする可能性が高く危険です。もし偽造薬と気付かずに飲んでしまうと、健康を害してしまうかもしれません。

実際に、偽造薬を飲んで体調を崩し病院へ運ばれた患者がいるというケースも報告されています。

国からの救済措置がない

外国の薬を輸入し、服用後に健康を害してしまっても国からの救済処置はありません。

厚労省のホームページには、日本の薬機法に基づいて販売されている医薬品に対して救済制度を設けているとの記載があります。つまり、外国で製造・販売された薬は対象外。厚労省は、個人輸入の危険性や健康被害について注意を呼びかけています。

海外通販を利用する際は、自己責任。外国の薬を買って飲む人は、もし体調が悪くなっても国からの救済がないということを忘れてはいけません。

海外通販は危険もある…それでも利用したいなら

個人輸入のリスクを知ると、海外通販を利用するのが怖くなってしまいますよね。

しかし「できるだけ安く買いたい!」「病院じゃなくて通販で買いたい」という人にとって海外通販は、便利でありがたいツールなはずです。

どうしても海外通販を利用したい!という場合は、安全に薬を買う方法について理解しておきましょう。

安全に買う方法

海外通販を使って医薬品を買うなら、偽造薬を買わないように注意しなければいけません。そのためには、信頼性のあるサイトを利用するのが大切です。

信頼できるサイトには、いくつか特徴があります。運営歴が長いサイトなら、ユーザー数も多く販売実績も豊富なため安全性が高いのです。

また、法に基づいて運営されているので運営元の情報を詳しく記載しています。運営会社の住所や連絡先など情報を載せていない場合は、悪質な業者の可能性があるので利用を避けましょう。